ホームページ・タイトル

ably.NETは愛媛県松山市を
中心とする学習塾ネットワークです

 

教育かわらばんvol.201

2021 愛媛の教育事情【4】

Go!Go!受験生!!
──県立定員5年連続削減!
    川之江・伊予・北条で120人減、
     予想倍率は0.88倍


県教育委員会は14日、2022年度県立学校入学定員を発表した。全日制高校は川之江、北条、伊予の3校で1学級ずつ計120人減全体で9025人となり、減少は5年連続。伊予は3年連続の減員になった。 《中略》 全日制の志願者数は7902人(前年度実績比348人増)、競争倍率は0.88倍0.05ポイント増と予測している。 《中略》 再編整備基準により今治西高伯方、内子高小田、宇和高三瓶の3分校は、22年度の入学生数が31人以上とならなければ23年度入試から募集停止となる。長浜高も同様に41人以上にならなければ分校化される。

(10/15付け愛媛新聞より抜粋)

 

競争倍率が予測段階で1倍を切るのは6年連続

《地域別の予測》
松山・伊予・上浮穴最も高い1.01倍(昨年予測0.97倍、実績0.92倍)。それ以外の地域全て1倍を下回る見込み最低は大洲・喜多、八西・西予の0.72倍。

《中等教育学校》
今治東・宇和島南の入学定員は現行の定員(4学級140人)に据え置き松山西の入学定員も現行の定員(4学級160人)に据え置き3校合計で440人とした。

ably教育ネットでは10/16(土) “2022高校入試へGo!”を合言葉に、済美高校にて“Go to the Win 2022!今年の入試はこう戦え!”を実施―主要科目の攻略法やワンポイントアドバイス、特訓授業、入試傾向分析&最新の入試情報の確認等を行いました。昨年に続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員を絞っての開催となりました。が、そんな中、今年も多くの中3生が参加。夏の「ゲキ特訓」以上に、内なる闘志がひしひしと伝わる一日となりました。

2022年春の入試に向け、いよいよスタートです!

 

愛媛の教育事情【4】

2022春の県立高校入試を展望する

 

志願率の低下が続く県立高校入試。今春の全県最終倍率過去最低の0.83倍7年連続の定員割れとなりました。例年高倍率の松山地区過去最低だった昨年と同じ1.08倍でした。が、松山地区と他地域との倍率差はさらに拡大しました。
今回中予地区の定員5年連続の削減。2クラス・80人が削減されました志願者数昨年実績より増、競争倍率も昨年実績より増と予想されます。
県立高校入試の5教科平均点が140点を超えたのは3年ぶり、18年の春以来です。ここ10年間で3回目の140点台です。
数学・英語は今年も苦戦、理科前年よりアップしたものの5教科の中で最も低い得点でした。国語2年連続30点台をキープ。昨年大幅にアップした社会は20点台に逆戻り。今年も理系科目で苦戦しました。
高校入試の結果は毎年変わります。ここ数年、文章量の増加や記述式解答を求めるケースの増加などにより、難易度が上がったと感じる生徒が増えています。受験生の皆さんにはしんどい状況となっています。が、時間はまだ十分にあります。「第一志望校」の受験に向け、「得点力」と「内申点」の底上げに全力を尽くしましょう。期末テストは「内申UP」のラストチャンスです。万全の準備で、納得のいく結果を! まずは、目標ラインのクリアを目指しましょう。

県立高校入試まで残りおよそ120日です!

 

●再確認! 県立高校入試平均点推移(斜文字は過去最低)

  21春
[現高1]
20春
[現高2]
19春
[現高3]
18春
[21春卒]
17春
[20春卒]
27.7 27.7 27.4 32.1 26.3
26.1 26.1 25.0 24.7 28.6
31.3 30.0 28.4 30.6 25.8
25.6 23.7 24.7 23.7 26.7
29.6 30.6 24.9 29.6 26.6
合計 140.3 138.1 130.4 140.7 134.0

※第一志望校の合格に必要な科目はもちろんのこと、進学後も必要となる科目の底上げにも全力で挑戦しましょう。


──今が大事、未来はもっと大事!

☆今月の独白2021☆

「“時間的・心理的空白”を作らない!
 ──大変な時だからこそ、
   そう心掛けたいものです…ね。」

バックナンバー

Vol.209 Vol.208 Vol.207
Vol.206 Vol.205 Vol.204
Vol.203 Vol.202 Vol.201
Vol.200 Vol.199  
中学入試 高校入試