2021年2月13日現在

 

 

合格体験記

T.Kくんラ・サール・海陽・愛光・済美平成 合格

中学受験のための勉強は学校の宿題とは比べ物にならないほど大変なものでした。

僕は4年生からエィブルエグゼに通い始めました。初めの頃はなかなか宿題をこなすことができず、とても辛かったことを覚えています。ようやく塾の宿題の量に慣れてきたものの、そこからさらに宿題の量は増えていきました。「これはもう無理だな、嫌だな」と思うことが何度となくありました。ですが、そのたびに「でももう少し頑張ってみよう」と自らを奮い立たせ、乗り越えました。

受験学年になるととにかく時間が速く過ぎるように感じて、「入試まであと30日」という掲示で焦りを覚えました。「まだまだ時間がある」と思っていたのに、「もうこれだけしかない」と初めて感じたのです。とはいえ、そこで慌てても仕方ないと腹を括り、これまでやってきたことを信じよう、と思うことにしました。そう思えると不思議なもので怖さや焦りを感じなくなりました。

時間は無限ではありません。何もしなくても入試当日はやってきます。その時までに、どれだけのことができているかが大事なのだと思います。それがあれば、自信を持って臨めます。自信に根拠を持って中学でも頑張ります!

 

◆担当より

合格おめでとう! マイペースながらやるべきことを淡々とやる姿が実に印象的でした。

自分の力を信じて、さらに伸ばせるように、中学校でも頑張ってください。

 

T.Nさん愛光・済美平成・新田青雲 合格

私は5年生の夏から、知人に紹介されてこの塾に通い始めました。クラスの誰もが私より早く受験学習を始めていて、何をしても私よりできるという状況でしたから、焦りと不安しかありませんでした。そんな中でも先生方は私に熱心に教えてくださって、少しずつですが問題の解き方や考え方がわかってきました。そう感じることがとても嬉しかったです。母とは、「少しずつでもいいから"得意な科目の成績を伸ばし、苦手な科目を克服する"ことができたらいい」とよく話をしていました。思うようにいかない時でも、母は私を励ましてくれました。それはとてもありがたかったです。

中学受験のための勉強でしたが、最終的に私にとってはそのためだけではないものとなりました。塾に通うようになる以前より、勉強以外の面でも少し成長できたのではないかと思います。そういう点で、中学受験は人生で一度しかできない貴重で大事な経験になりました。そこで得たことを中学生活でもしっかり活かしていきたいです。

 

◆担当より

コツコツ地道によく頑張りましたね。これほどの頑張り屋にはそうそうお目にかかれないと思えるほどでした。その頑張りには頭が下がります。中学でもその真面目さと頑張りを継続しながら、楽しく過ごしてください。本当におめでとう!

 

I.Jさん愛光・済美平成・新田青雲 合格

中学受験を通して学んだことが2つあります。

一つは「努力をすることの大切さ」です。第一志望の愛光中入試当日まで、できることは全てやるという気持ちで勉強しました。授業のある日は居残って、また授業のない日も塾に通って毎日自習するなど、自分ができる限りのことをしてきました。入試当日はとても緊張しましたが、「今まで頑張ってきたのだから大丈夫、絶対合格する。」と自分に言い聞かせて臨みました。『合格』という文字を目にしたときはとても嬉しかったし、これまで頑張ってきて良かったと思いました。

もう一つは「感謝の気持ちを持つ」ことです。週末はいつも欠かさずお弁当を作ってくれたり、塾への送迎をしてくれたりした両親、そして、丁寧に教えてくれた先生方など、私を支えてくれた様々な人に感謝しています。

努力することと感謝することを忘れずに、これからも頑張ります。

 

◆担当より

合格おめでとう! 低学年時からよく頑張りました。「努力と感謝」、とても大事なことです。それを忘れずにいれば、きっと素敵な中学生活が送れるはずです。