2018年2月16日現在

合格実績

 

 

受験体験記

【駒場東邦・都立武蔵・広尾学園・愛光 合格】

Y・Wくん

「駒場東邦中合格!」と一言で言われると、なんだかとても楽に合格したように感じます。しかし、実際には全く楽だったということはありませんでした。10か年分の過年度入試問題を解きましたが、一度も合格者最低点をマークすることができなかっただけでなく、もう一度解き直しても本来なら上がらなければならない点数が逆に下がることすらありました。そんな状況ですから、親はもちろん、自分自身も受験の数か月前にはすっかりやる気をなくしていました。
そんなぼくを一生懸命励まし、支えてくれたのがエィブルエグゼの先生方でした。わからない問題があればわかるまで一緒に考え、解説してくれましたし、国語や社会の記述の問題については、どう書くべきかを入試の直前まで厳しく指導してくれました。そんな先生方の応援や助けがあって、本番ではここ一番の強さを発揮することができたのだと思います。
もし、エィブルエグゼと出会えていなければ、合格できなかったのではないかと思います。

勉強についてはもちろんのこと、ここで学んだ様々なことを忘れず、大事にしながら、中学校生活をしっかり送っていこうと思います。

 

【四天王寺・愛光・済美平成 合格】

M・Yさん

私は、受験勉強とは「自分ひとりだけの孤独な戦い」ではなく、「共に受験勉強に励む仲間達と挑む戦い」だと感じました。

私が第一志望校に合格したのも、一緒に頑張る仲間がいたからだと思います。一緒に喜んだり、悲しんだり、励ましたり逆に励まされたり、という経験があってこそ、最後まで踏ん張ることができたのだと思いました。

確かに受験勉強は勉強をがんばることが最も大切なことですが、ひとりぼっちで苦しんだり、悩んだりしていると、なかなか思ったようにがんばることはできないものです。そういう意味では同じ目標を持って頑張る仲間がどうしても必要です。そういう仲間にめぐり合えたことは私の財産です。

中学では、これまでに学んできたことをちゃんと活かせるように、今まで以上の努力をしていこうと思います。

 

【愛光・済美平成・新田青雲 合格】

M・Mさん

私は4年生の2月から塾に入り、受験勉強を始めました。

初めは、兄の通っていた中学に行きたいなぁという漠然とした目標を抱いていただけでした。それだけに、学校とは全く違う、塾での勉強の進め方や宿題の多さなどに驚き、戸惑ったものです。“宿題をこなすだけで精一杯”で、「なんでこんなことしてるんだろう」と辛い気分になることもありましたが、自分が勉強した分だけ成績が上がっていくと、それが喜びとなり、辛さを忘れてしまうほどでした。

入試の前には、理科や国語の文章問題、それに社会の歴史など、これまで苦手だったことに苦労しましたが、逃げずに正面から向き合っていくことだけを考えました。「なんとかなるはず!」と、あきらめずに頑張ったことがいい結果につながったのだと思います。

これからもきっと苦手なことは出てくるでしょうし、大変な思いもするのだと思います。それでも私は、逃げずに、あきらめずに、乗り越えたいと思います。